お知らせ

お知らせ

2017.05.23【水戸ホーリーホックEIKOレディース】ホーリーホックホームゲーム手伝い(vs 徳島ヴォルティス)

5月21日(日)の水戸ホーリーホックホームゲーム、徳島ヴォルティス戦にて、ホームゲームの手伝いを行いました。

今回は、メイン入場ゲート階段で、マッチデープログラムの配布を行いました。

天候にも恵まれて多くのお客様にご来場いただき、メインゲート分のプログラム約2000部はキックオフ15分前には全て配布しきってしまいました。

試合は前半に1失点を許すも、後半に1点を取り返すことができました。
前回ホームゲームとは打って変わって暑い中での試合でしたが、追いついてからはホーリーホックの猛攻も見られました。
しかし、結果はそのまま引き分け。

8試合負けなしではあるものの、勝ち星なしも5試合連続。
5月28日(日)アウェイ熊本戦、6月3日(土)ホーム大分戦と続く九州勢対決での勝利を期待しましまう!


水戸ホーリーホックEIKOレディースでは、サッカーをプレーするだけでなく、支える立場の体験も行なっています。
日頃自分たちのプレーが多くの方々に支えられていることや、自分たちがサッカー文化の一翼を担っていることなどを、こうした機会に感じてもらえるようにしています。

水戸ホーリーホックEIKOレディースに興味をお持ちの方は、お気軽にご連絡ください。

[お問い合わせ]
株式会社水戸ホーリーホック 担当:重松
〒310-0852 茨城県水戸市笠原町136-1
Tel: 029-212-7780
Mail: shigematsu@mito-hollyhock.net
Web: http://www.mito-hollyhock.net

2017.05.16【水戸ホーリーホックEIKOレディース】練習試合 vs 石岡二高、土浦二高

5月14日(日)に練習試合を行いました。

会場は石岡二高。
25分ゲームを3本行いました。


vs 土浦二高 0-0
vs 石岡二高 0-1
vs 土浦二高 0-3

今回は英宏中女子サッカー部との合同チームでのプレー。
新一年生で初めて一緒にプレーすることになったメンバーもいる中、ボールを狙ったところに止める・蹴ること、そして相手が持ったボールを積極的に奪いに行くことを目指しました。

それぞれの局面でのがんばりはありましたが、次に何をしたらよいかの予測やアイデアが出てくると、さらによいプレーができるようになっていきます。
今後とも、練習を重ねるとともに、サッカーの試合を見ることを通してイメージを膨らませつつプレーできるようにしていければと思います。


水戸ホーリーホックEIKOレディースに興味をお持ちの方は、お気軽にご連絡ください。

[お問い合わせ]
株式会社水戸ホーリーホック 担当:重松
〒310-0852 茨城県水戸市笠原町136-1
Tel: 029-212-7780
Mail: shigematsu@mito-hollyhock.net
Web: http://www.mito-hollyhock.net

2017.05.14関東女子サッカーリーグ2部 対 東洋大学

大平 衛 監督コメント
東洋大学戦、今日のテーマは首位の東洋大学にどこまでプレッシャーをかけてマイボールをフィニッシュに繋げるかとミーティングしました。東洋大学さんの広く幅のある展開に引いてしまう場面が多くなり前半が終わりました。後半奪ったボールを動かせる様になってきてカウンターから得点できました。まだまだ修正点があるので、切り替えて頑張ります!今日もたくさんの応援ありがとうございました!


鶴見 真里奈 選手コメント
今節もたくさんのご声援ありがとうございました。首位東洋大学との一戦。前半は終始東洋大学ペースで厳しい時間が続きましたが、集中した守備で点を与えることなく終えることができました。後半も自陣に押し込まれる時間が長くなりましたが、守備から少しずつ自分たちのペースをつかみ、相手の隙をつき得点することができました。『チャンスを決めきる』ということは私自身の課題でもあり、チーム全体の課題でもあったので、今回結果として残せたことは良かったです。得点後も押し込まれて危ないシーンもありましたが、集中した守備、GKのファインセーブで無失点で終えることができました。次節はアウェイで日本航空との試合になります。今回の勝利をまた次に繋げられるように良い準備をしたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします。

2017.05.13【水戸ホーリーホックEIKOレディース】ホーリーホックホームゲーム手伝い(vs 横浜FC)

5月13日(土)、水戸ホーリーホックが首位横浜FCを迎えてのホームゲームで、試合運営の手伝いを行いました。

今回は、入場ゲートでのアンケート配布のお手伝いを行いました。
入場時にマッチデープログラムと一緒にアンケート用紙をお渡ししていきます。

雨の中の試合でしたが、3,000人を超えるお客様が来場されました。
試合の方は、首位相手にスコアレスドロー。
得点ランキングトップの相手フォワード、雨で滑りやすいピッチコンディションといった難しさのある試合で、勝ち点を落とすことなく乗り切った、というところでしょうか。

次の機会には、ぜひ勝ち試合のお手伝いを!と願いながら、会場を後にしました。


水戸ホーリーホックEIKOレディースでは、サッカーをプレーするだけでなく、支える立場の体験も行なっています。
日頃自分たちのプレーが多くの方々に支えられていることや、自分たちがサッカー文化の一翼を担っていることなどを、こうした機会に感じてもらえるようにしています。

水戸ホーリーホックEIKOレディースに興味をお持ちの方は、お気軽にご連絡ください。

[お問い合わせ]
株式会社水戸ホーリーホック 担当:重松
〒310-0852 茨城県水戸市笠原町136-1
Tel: 029-212-7780
Mail: shigematsu@mito-hollyhock.net
Web: http://www.mito-hollyhock.net

2017.05.07関東女子サッカーリーグ2部 対 慶應義塾大学

大平 衛 監督コメント
慶應義塾大学戦、立ち上がりから前からのプレッシャーに、行けていたので、ボールを奪って最後のラストパスの精度が良ければシュートまで行けるチャンスが多かった前半でした。後半の途中から選手交代で流れの中から得点できました。その1点を守りきり勝利できました。ホームゲームでたくさんの応援ありがとうございました。来週14日(日)もツインフィールドで14時から東洋大学との試合になります。応援よろしくお願い致します。


佐藤 ケリー選手コメント
ご声援ありがとうございました。一進一退の試合で先に点を決めれるかが鍵でした。一人一人が90分集中力を保てており、球際の強さが出ていたと思います。GW最終日の中、足を運んでいただけて嬉しく思います。これからも応援されている身として、感謝の気持ちを忘れずに、一人一人気持ちのこもったプレーを見せれるように練習に励みたいと思います。ご声援ありがとうございました!!